太陽光発電の住宅

最近は太陽光パネル搭載の住宅が増えています。

既存の一戸建ての屋根に太陽光パネルを設置し、
その発電で家庭の電気を賄うのです。

また既に太陽光発電システムを搭載したマンションも増えています。

マンションの屋上に多くのパネルを設置し、
その電気を各家庭に供給するのです。

またマンションによっては、
その電気を電力会社に販売し、
その利益を得ることもあります。

いずれにしても環境に配慮した住宅は増えています。

大人向けの賃貸住宅

先月に発表されていましたが、
恵比寿にあるシェア型の賃貸住宅の
概要がニュースで紹介されていました。

もともとは高齢者向けの賃貸住宅なのでしたが、
「シェア型」に変更したのです。

その理由は、「大人向け」を作りたいからだということです。
そこから、恵比寿という大人の街に、
シェア型の賃貸住宅の企画が始まりました。

エントランスやキッチン、ラウンジなど
大人にぴったりの空間であり、
ゆっくりくつろいだり、仕事をしたりと
自由な時間を過ごせそう物件です。

家賃は10万円前後で、恵比寿という場所では
高くもなく、低くもなく、で相場というところです。

現状問い合わせも多いようなので、
気になった人は早めに連絡するのが良いと思います。

高級型のシェアハウス

最近、「シェアハウス」という言葉をよく聞きます。

簡単に説明しますと、
一つの住宅を複数の人で共有するスタイルで、
個別の部屋はありますが、
キッチンやリビングなどは共有で使う生活のことです。

そのシェアハウスで高級志向の物件が出てきたようです。

場所は曙橋(東京)にあり、都内では最大級の規模のようです。

ターゲットとなる人は、自分で仕事をしている人がメインになるようですが、
独身の男女であれば様々な人が応募してくると予想しているようです。

シェアハウスといえば、どちらかというと安く住むという感覚ですが、
高級型の住宅があってもおかしくはないですね。

家賃は、6万円台~12万円台の部屋があるようです。

今後も同じようなシェアハウスが出てくるでしょう。

賃貸物件の人気駅はどこ?

本日は、不動産情報サイトを運営しているホームズが
調査した結果をご紹介します。

それは、賃貸物件の人気駅をまとめたランキングです。

問合せが多かった駅を集計してまとめたものです。
本日は関東エリアの人気駅を紹介します。


1位:池袋
2位:川崎
3位:高円寺
4位:荻窪
5位:中野
6位:吉祥寺
7位:三軒茶屋
8位:高田馬場
9位:宇都宮
10位:恵比寿


見て分かる通り、やはり東京の駅が多いです。
東京以外で、2位に川崎(神奈川)、
9位に宇都宮(栃木)が入っています。

川崎が人気があるのは分かりますが、
宇都宮がこれだけ上位なのは意外です。
(宇都宮の方、すみません。。。)

餃子で有名とはよく知られていますが、
賃貸物件で宇都宮が人気なのは意外でした。

他の地域のランキングもあるので、
興味がある人は特設ページを見て下さい。

リノベーション物件

「リノベーション」という言葉はご存知でしょうか。
「リフォーム」と似ている意味なのですが、少し違います。

住宅を大きく改修することをリノベーションと言います。
ちなみにリフォームは、古い住宅を元の状態に戻すことを言います。

今はリノベーション物件が人気だったりします。

全く新しいデザインのものであったり、
機能性も重要視したりと、
昔のままではなく、
現代に合った新しい住宅に作り変えるのです。

特に流行っている場所は、金沢です。
元々古い住宅があったため、
リノベーションすることが多いようです。

また北陸の有名な不動産会社が
積極的にリノベーションの賃貸に力を入れており、
今までのノウハウを詰め込んだリノベーションの
賃貸マンションを展開しています。

最近では自分でリノベーションする人もいますが、
さすがに賃貸物件は難しいので、不動産会社側で
おしゃれに作り変えてもらえるとありがたいです。

賃貸住宅の平均居住年数は?

日本賃貸住宅管理協会が半年ごとに
公開している調査をもとに
賃貸住宅の平均居住年数を調べた結果が
ニュースに出ていましたので、ご紹介します。


学生が一番多い居住年数が2~4年で78%。
一般の単身で一番多い居住年数が同様に2~4年で67%。
一般の家族層では、4~6年が57%。
高齢者は、6年以上で50%。

という結果になりました。

大体は想像通りですね。

学生とか単身は数年で引っ越す、特に学生は社会人に
なったタイミングで引っ越すことが多いからでしょう。

一般の家族層が4~6年しか住まないというのは、
途中で賃貸をやめて分譲にするからでしょうか。

高齢者は想像通り長期の賃貸ですね。

何かの参考になれば。

新築住宅の平均価格は?

先日、マイホームを購入する時の親の援助額について
紹介しましたが、今回は新築住宅に関する情報です。

新築住宅の平均費用はどれぐらいでしょうか。

それは、約3500万円です。

簡単に買える金額ではないですが、
平均給与が400~500万円と言われる時代に、
その6倍以上の住宅を購入しているということです。

年収1000万円の人は、6000万円の住宅購入。
年収1500万円の人は、9000万円の住宅購入。

と計算していくと、
年収1700万円の人が億の住宅を購入するのです。

私みたいな普通のサラリーマンではなかなか手にできない年収です。

自分の家を購入するとき・・・

みなさんにも知っておきたい情報を共有します。

マイホームを購入する時に
親からの資金の援助がどれぐらいあるか?
という情報です。

注文住宅なのか、分譲住宅なのか、中古住宅なのか、
によりますが、3000万円住宅であれば、
おおよそ100~200万円ぐらいの援助があるようです。

高いのか安いのか判断はしづらいですが、
やはり援助をもらわないと家も購入できないような
時代になってきているのでしょう。

年収は減るが、住宅費用は下がらなければ、
購入する時にどうしても親を頼ってしまうことはあるでしょう。

ローコスト住宅なども出てきていますが、
まだまだ浸透もしていないですし、
マイホームを購入する時は自分が理想とする家が
欲しいでしょうから、仕方ないかもしれません。

参考になれば。

不動産情報サイト

本日は皆さんのお役に立つ不動産情報サイトを紹介します。

昔は雑誌やフリーペーパーなどで物件を探すのが一般的でしたが、
今は完全にネットの時代です。

特にスマホも普及し、見やすい画面で操作性も良いため、
物件も探しやすいです。

そんな不動産情報サイトで有名なサイトをいくつか記載します。

・アットホーム
・HOME'S
・SUUMO
・CHINTAI

などが有名です。

他にも不動産情報サイトはありますし、
地域やカテゴリに特化したサイトもあります。

自分が欲しいマンション、戸建てなどをもう一度思い返し、
探しやすいサイトで色々と検索して下さい。

いい物件が見つかるといいですね。

はじめまして

まずは自己紹介から。
はじめまして、さとると言います。

現在不動産屋さんで働いている普通のサラリーマンです。

当然不動産が好きで今の仕事に就いたのですが、
まだまだ知らないことや新しく発見することなど、
仕事をしながら気づくことがあります。

もうすぐアラフォーですが、
まだまだ勉強も足りないのだと思います。

このブログでは、不動産に関する情報を全般的に
取り扱っていきます。

私と同じく、一戸建てやマンションや土地のことなど
興味がある人には、有益な情報を、
特に興味がない人には、少しでも面白いと
思っていただけるブログにしようと思います。

よろしくお願いします。
0